Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JMAS、盗難により電車内で顧客情報などを紛失

ジェーエムエーシステムズは、5月7日に同社社員が電車内でカバンが盗まれ、個人情報が保存されたパソコンを紛失したと発表した。

同社によれば、紛失した個人情報は、顧客、および取引先の名簿などで、年賀状の送付などに用いていたもの。1817件の個人情報が保存されていた。氏名、勤務先情報のほか、一部では自宅の住所や電話番号なども含まれていた。パスワードがかけられていたが、漏洩の可能性もあるという。

同社では、管理体制の強化、社員教育の徹底を実施し、再発防止を図りたいとしている。

(Security NEXT - 2005/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - 前回ゼロデイ対応から1週間強で
「制御システムセキュリティカンファレンス」の参加者募集がスタート
Ubuntuに権限昇格の脆弱性 - 詳細情報も公開