Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

札幌トヨタ、494件の顧客情報が保存されたPCが盗難被害に

札幌トヨタ自動車は、北光支店において、5月9日から11日にかけて工場の窓が割られて何者かが侵入し、顧客情報494件が保存された業務用パソコンが盗難に遭ったと発表した。

同社によれば、盗難に遭ったパソコン2台のうち、1台に494件の顧客情報が保存されており、氏名、住所、電話番号、勤務先といった個人情報が含まれている。盗難発覚後ただちに警察へ盗難届を提出したが、13日の時点では発見されていない。

同社では、パソコン内のデータは暗号化が施されているため、情報が悪用されるおそれはないとしている。また、該当する顧客に対して事情を説明し、謝罪するとともに、再発防止に向けて、顧客情報の適正な管理に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」
「ドコモ口座」の不正チャージ、被害124件の補償を完了
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2025年日本国際博覧会協会に不正アクセス - フィッシングの踏み台に
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性