Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税通知書の誤送付により個人情報が流出 - 埼玉県富士見市

富士見市は、「平成17年度固定資産税・都市計画税納税通知書」の一部634通を誤送し、個人情報が流出したと発表した。

税納税通知書作成途中に不具合が発生し、同市渡戸2・3丁目および羽沢1丁目の一部の634名の納税者に対し、他人の通知書を送付したもの。同市では作成作業など、外部業者へ委託していた。

同市では、職員が関係者に謝罪、通知書の回収を進めている。また今回の事件を受け、市長はウェブページ上で謝罪し、業務上のチェック機能がどうであったかその原因究明の徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

試写会の応募申込フォームに不備 - 神戸の商業施設
給与支払報告書を紛失、税額決定通知書の未着から判明 - 練馬区
委託業者が個人情報含むメールを別人に送信 - 東急MD
「フィッシングサイト撲滅チャレンジカップ」を開催 - JC3
設定ミスでイベント申込者の個人情報が閲覧可能に - 東京都
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開