Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

納税通知書の誤送付により個人情報が流出 - 埼玉県富士見市

富士見市は、「平成17年度固定資産税・都市計画税納税通知書」の一部634通を誤送し、個人情報が流出したと発表した。

税納税通知書作成途中に不具合が発生し、同市渡戸2・3丁目および羽沢1丁目の一部の634名の納税者に対し、他人の通知書を送付したもの。同市では作成作業など、外部業者へ委託していた。

同市では、職員が関係者に謝罪、通知書の回収を進めている。また今回の事件を受け、市長はウェブページ上で謝罪し、業務上のチェック機能がどうであったかその原因究明の徹底を図るとしている。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

macOS向けアップデート - 複数脆弱性を修正
委託先にサイバー攻撃、顧客などへ脅迫メール届く - 北関東マツダ
様式と誤って個人情報含むファイルをメール送信 - 嘉手納町
調達業務の見積依頼で、受信者間にメアド流出 - 日本国際協力システム
多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
狙われる「Telerik UI for ASP.NET AJAX」の既知脆弱性
「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
メール誤送信で見学会予約者のメアド流出 - NEXCO東日本
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発