Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜の社会福祉法人、車上荒らし被害で個人情報を紛失

横浜市福祉サービス協会は、利用者宅へ巡回している際に、車上荒らしに遭い、顧客名簿が入った鞄を紛失したと発表した。

同協会職員が使用していた移動用車両の窓ガラスを割られ、鞄を持ち去られたもの。一部報道によれば、33件の個人情報が含まれており、住所や緊急連絡先、被保険者番号などが記載されていたという。

(Security NEXT - 2005/05/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性
「個人情報保護ガイドライン」のパブコメ結果で個人情報が流出
「VMware Workstation」「VMware Horizon Client」にサービス拒否の脆弱性
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
オーガニック食品の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
パーソナルデータ、4割弱が利用目的に関わらず「提供したくない」
イー・ガーディアンと日本サイバーディフェンスが業務提携
機密文書の廃棄サービス、テレワーク環境にも対応 - ヤマト運輸
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
保育士のキャリアアップ研修事業でメール誤送信 - 埼玉県