Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、連休前のセキュリティ対策再確認を呼びかけ

情報処理推進機構(IPA)は、システム管理者が不在になり、パソコンを自宅で使う機会が増える連休を前に、セキュリティ対策の実施状況の再確認を行うよう呼びかけている。

必要な確認事項として、使用しているOS、ブラウザなどアプリケーションのバージョンアップと修正プログラムの適用や、バックアップの実施を挙げている。特にWindowsユーザーは、IEやOutlook Expressを最新のバージョンに更新して、セキュリティホールを解消するよう求めている。

また、ウイルス対策ソフトの定義ファイルにおけるバージョンおよび更新頻度の設定や、不測の事態が発生した際の緊急連絡体制の確認、サーバにおいて不必要なサービスの停止などを呼びかけている。さらに休暇明けには、脆弱性情報やウイルス情報などを収集し、必要なパッチを適用してから業務を開始するよう求めている。

(Security NEXT - 2005/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ研究者や実務者向けイベント「JSAC2023」が開催決定 - 講演やWSを募集
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
書き溜めたメモが消える!? - 「自動退会処理」とだます「Evernote」のフィッシングに注意
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
メルマガ本文に別人の個人情報を誤記載 - 名鉄観光バス
イベント応募者情報を誤送信、フォーム設定が未更新で - 東京都建設局