Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

廃棄パソコンから生徒の個人情報が漏洩 - 静岡

静岡市において、同市内の公立小中学校の一部児童や生徒の情報が流出したことが21日、明らかとなった。廃棄したパソコンから流出した可能性が高いという。

流出したとみられる個人情報は、同市内の学校にてリース期間が終了した後、廃棄業者にて廃棄されたパソコンに保存されていたもので、廃棄する課程において流出した可能性が高い。

生徒や保護者の氏名、住所、電話番号、成績など約6000名の個人情報が含まれていたという。個人情報の買い取りを求める脅迫めいた電話により発覚した。

(Security NEXT - 2005/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正