Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本HPとイーソリューションズ、データベース監視システムの提供で協業

日本ヒューレット・パッカードとイーソリューションズは、データベースにおけるセキュリティ強化システムの提供で協業すると発表した。

イーソリューションズが販売しているセキュリティ製品「IPLocks」を、日本HPが顧客へ提案する。監視ルールの設定などの構築作業については両社が共同で行い、バランスの取れたセキュリティ環境構築、運用を支援する。

「IPLocks」は、データベース上の不審な行為を記録、監視するソフトウェア。同ソフトを導入したシステム構築により、データベースの脆弱性の評価、不正監視、アクセスログの記録によるセキュリティポリシーの見直しといった、セキュリティ強化サイクルを実現する。

(Security NEXT - 2005/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も