Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アーケード用ゲームの海賊版を販売 - 大学院男性を起訴

コンピュータソフトウェア著作権協会によれば、群馬県前橋地検は、オークションサイトを介してアーケード用ゲームの海賊版を販売していた中国籍の大学院男性を、著作権法違反の罪で起訴した。

男性は2004年7月ごろ、SNKプレイモアの「餓狼伝説」など10タイトルのゲームソフトを無断で複製し、「ヤフーオークション」を介して募集した客4人に対して、6000円から6200円で通信販売していたとして、2005年2月7日、群馬県警と大胡署に逮捕されていた。

また同協会によれば、男性は、ゲームセンターなどに置かれる「アーケードマシーン」用のソフトの海賊版計5082タイトルとともに、これらをパソコンで稼働させるための「エミュレーター」ソフトも無断複製して販売していたという。

(Security NEXT - 2005/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ゲーム事業者への攻撃が増加 - ただしDDoS攻撃は減少
2021年2Qの脆弱性届出は307件 - ソフトウェアとサイトともに増加
「最終警告」などと不安を煽る楽天カードのフィッシングに注意
MITRE、危険な脆弱性タイプのトップ25を発表
サイト改ざんでフィッシングページ設置 - 日本信号子会社
セミナー案内メールを2度にわたり誤送信 - 東京都
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に