Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、個人情報保護の教育プログラムをASPで提供

日本ベリサインは、企業の一般社員を対象とした教育プログラム「ベリサイン認定情報セキュリティトレーニング」の提供を開始した。価格は26万2500円から(50ユーザーの場合)。

同サービスは、個人情報保護法対策などに利用できるセキュリティの教育プログラム。東芝ソリューションのASPサービス「ingeLC.com」を利用したeラーニングとして提供されるため、多人数における受講でも日程や場所など柔軟に対応できる。コンテンツの監修は、個人情報保護法やインターネット関連法に詳しい牧野二郎弁護士が担当した。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出