Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサイン、個人情報保護の教育プログラムをASPで提供

日本ベリサインは、企業の一般社員を対象とした教育プログラム「ベリサイン認定情報セキュリティトレーニング」の提供を開始した。価格は26万2500円から(50ユーザーの場合)。

同サービスは、個人情報保護法対策などに利用できるセキュリティの教育プログラム。東芝ソリューションのASPサービス「ingeLC.com」を利用したeラーニングとして提供されるため、多人数における受講でも日程や場所など柔軟に対応できる。コンテンツの監修は、個人情報保護法やインターネット関連法に詳しい牧野二郎弁護士が担当した。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向けプラグイン「File Manager」脆弱性、国内でも悪用被害
連携決済サービスの出金被害、109件約1811万円 - ゆうちょ銀
MS、「Office for Mac」向けに定例外アップデート
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
2要素認証未対応決済サービスへのチャージを停止 - ゆうちょ銀行
「ドコモ口座」経由の不正引き出し、あらたに2件が判明
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
不正アクセスでスパムの踏み台に - 東松山市社会福祉協議会