Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの繰り返しパターンによりスパムを検出する新機能 - ミラポイントが発表

ミラポイント ジャパンは、新種のスパムおよびウイルス防御に効果的なアンチスパム技術「Mirapoint Rapid Anti-Spam」を発表した。2月中旬より提供開始の予定。

同技術は、受信したメールを、全世界で発生するスパム情報を常時収集し蓄積した「スパムディテクションセンター」のデータベースに照会し、正常メールかスパムメールかの判定をリアルタイムに行うもの。

メッセージの繰り返しパターンに基づいてスパム分析を行う技術により、言語に左右されることなく分析できる。そのため誤検知の削減や、バルクメールとスパムメールの効率的な識別が可能になった。また、サーバ側でスパム情報のアップデートおよびメンテナンスが不要なため、管理コストが削減できるとしている。

(Security NEXT - 2005/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
「JPAAWG 5th General Meeting」、11月にハイブリッド開催
ダークウェブで個人情報流出を確認 - ダイナムJHD
金融庁を名乗るフィッシング - 「法令でカードの認証が必要」とだます手口
最新技術が詰まったInteropの「ShowNet」を解説するオンラインイベント
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象
メール送信時に講演会申込者のメアドが流出 - 佐伯市
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施