Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社外接続時にセキュアな環境を提供 - 日本通信が新サービス

日本通信は、社外のブロードバンド接続を利用する際にセキュアな接続環境を提供する法人向けサービス「Secure PB」を2月1日より提供すると発表した。

今回同社では、ADSLや光ファイバー、無線LANスポットなど、社外からのブロードバンド接続時にセキュリティを維持できる技術をPCクライアントおよびサーバの連動型システムとして開発した。日本通信が提携する無線LANベンダーやISPを利用する際に利用できる。また、PHS接続サービスの利用者に対しても、同サービスを補完的に提供する予定。

(Security NEXT - 2005/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WordPress向け「不動産プラグイン」シリーズに脆弱性
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
物件購入者の個人情報が流出、勧誘電話で判明 - アイディホーム
セキュリティ専門家8人やPSIRTに感謝状 - JPCERT/CC
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
VMwareの複数製品に脆弱性 - 深刻な脆弱性も
「PCI PIN Security」の準拠支援や審査サービス - NRIセキュア
「WordPress Popular Posts」にXSSの脆弱性 - コードインジェクションのおそれも
脆弱性管理に対応した監視仮想アプライアンス