Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタル証明書の有効性をリアルタイムでチェック「RSA Validation Solution」

RSAセキュリティは、デジタル証明書の有効性をチェックする検証局構築ソリューション「RSA Validation Solution」を12月20日より販売する。

検証局は、PKIにおけるデジタル証明書の有効性を検証するためのシステム。同製品では、RFC2560で定められたプロトコル「OCSP」を利用し、リアルタイムでデジタル証明書の有効性を検証できる。

また、複数の認証局が発行するCRLおよびデルタCRLを集約可能、OCSPのプロキシ機能と転送機能を備えており、ほかの検証局やOCSP機能を有している認証局に証明書の検証を要求できる。

通常、証明書の検証には各アプリケーションから証明書失効リストが利用するが、複数の認証局からリストを検索する場合など、アプリケーション側の処理負荷が発生する。また認証局のCRLはリアルタイムではないため、失効直後の証明書を誤って有効とみなすリスクがあり、同社では、これら問題を検証局を利用することにより回避できるとしている。

(Security NEXT - 2004/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」に関する脆弱性13件を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ441件の脆弱性に対応
「PAN-OS」脆弱性、攻撃条件を修正 - 一部緩和策が「効果なし」に
メール誤送信で横断幕掲示応募者のメアド流出 - 飯塚オートレース場
WordPress向けプラグイン「InstaWP Connect」に脆弱性
Windows環境下の複数開発言語に脆弱性「BatBadBut」が判明
LINEヤフーに再度行政指導 - 報告受けるも対応や計画不十分
「Microsoft Edge」にアップデート - 「Chromium」の脆弱性修正を反映
小学校で保護者や教職員の口座番号含むUSBメモリを紛失 - 東村山市
従業員メルアカに不正アクセス、スパム踏み台に - 組込機器メーカー