Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

宇治市がシマンテックの不正アクセス防止製品を採用

シマンテックは、京都府の宇治市役所が同社のアンチウイルスや侵入検知機能を搭載したクライアント用統合型セキュリティ製品「Symantec Client Security」を採用したと発表した。

同製品は、アンチウイルス、ファイアウォール、および侵入検知機能を備えた製品。同製品により、ウイルスなどの侵入防止はもちろん、許可されたアプリケーションのみ利用できる環境を構築、外部、内部からの不正なアクセスを防止する。

宇治市では、1999年に内部犯行による個人情報の持ち出し事件が発生しており、今回住民のプライバシー対策の一環として採用されたという。

(Security NEXT - 2004/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ