Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

WordPad、WINS、DHCPなどに5件の脆弱性 - マイクロソフトが更新プログラムを公開

マイクロソフトは、WordPad、ハイパーターミナル、DHCPなどに合わせて5件の脆弱性が見つかったと発表、更新プログラムを公開した。脆弱性の深刻度は、いずれも「重要」に設定されている。

今回公開された脆弱性には、Windowsに標準搭載されているワープロソフトであるWordPadにおいて、リモートでコードが実行される脆弱性が含まれている。これにより、コンピューター内のファイルを読み取られたり、アプリケーションを異常終了させられる可能性があるという。

同社では、更新プログラムを早急に適用するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2004/12/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市