Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険の加入者情報が流出 - 愛媛の保険代理店

愛媛県宇和島市の損害保険代理店が事務所荒らしの被害に遭い、顧客情報829件が保存されたパソコンが盗まれたことがが明らかになった。

11月26日から27日にかけ、同代理店事務所に何者かが侵入し、ノートパソコンが盗難被害にあったという。同代理店は、損保ジャパン、東京海上日動火災保険、共栄火災海上保険、あいおい損害保険、日本興亜損害保険などの保険を取り扱う保険代理店。パソコンには氏名、住所、契約内容などが記録されていた。

関連保険会社では、ホームページ上で漏洩事件について陳謝、同代理店においても、謝罪状を送付し、事故の事情を説明するとしている。

(Security NEXT - 2004/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン
鹿児島銀のネットバンク装うフィッシング攻撃 - 乱数表も詐取
政府18機関でLINEを業務利用 - 11機関で機密情報も
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
セキュリティリリース「PHP 7.4.18」「同7.3.28」が公開
金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス