Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

警察庁がIEパッチの有効性についてコメント

警察庁は、マイクロソフトが公開したセキュリティ修正プログラムの有効性について検証を実施、結果を公表した。

警察庁では、従来より公開されていたMicrosoft Internet Explorerの脆弱性(MS04-040)を悪用した攻撃プログラムの動作について検証を行っており、一定の条件において攻撃プログラムによる影響を確認していた。

脆弱性とは、同ブラウザの機能「IFRAME」の脆弱性を悪用するもので、攻撃を受けるとバックドアを作成される。今回、同脆弱性を解決するとされる修正プログラムが公開されたのに伴い、検証が実施された。同庁の検証によれば、「Windows 2000 Pro SP4」「同XP Pro/HOME」「同XP Pro/HOME SP1」いずれも問題がないことが確認されたという。

@police
http://www.cyberpolice.go.jp/

(Security NEXT - 2004/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催
東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
信用保証情報を含むファイルを誤送信 - 長崎県信用保証協会