Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT、迷惑メールを予防する新システムの公開実験を開始

日本電信電話は、利用者が自由に利用条件を設定できる条件付きID技術「privango」および迷惑メールを予防する「privangoメールシステム」を開発し、同システムによるメールサービスの公開実験をサイト上で開始した。

同メールシステムは、「privango」技術を適用することで、有効期限や通信相手などの利用条件が設定された条件付きメールアドレスを提供するもの。条件に合致しないメールはメールサーバによって自動的にブロックされるため、万が一提供されたアドレスが漏洩しても、迷惑メールを予防することができる。

同社では、同システムによるメールサービスの有効性を検証評価するための「privangoメールサービスの公開実験」を、2005年3月10日まで実施している。

(Security NEXT - 2004/11/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社