Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、EZwebの無料ページに一部誤課金

KDDIは、au携帯電話のインターネット接続サービス「EZweb」において、無料ページの一部にパケット通信料が誤って課金されていたことを明らかにした。

同社によれば、「EZ WINコース」「EZwebmultiコース」のユーザーに対し、パケット通信料が無料と案内していたページの一部で、8月1日から9月17日の間、誤って請求していたという。誤請求の対象となったユーザーは300万人を超え、誤請求金額は約4033万円となった。

原因は登録作業ミスで、料金計算システムそのものの不具合ではないという。同社では、誤請求の対象となったユーザーに対して、7、8月分を12月度の請求から差し引くことによって返還するとしている。9月分についてはすでに返還済み。

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック