Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDI、EZwebの無料ページに一部誤課金

KDDIは、au携帯電話のインターネット接続サービス「EZweb」において、無料ページの一部にパケット通信料が誤って課金されていたことを明らかにした。

同社によれば、「EZ WINコース」「EZwebmultiコース」のユーザーに対し、パケット通信料が無料と案内していたページの一部で、8月1日から9月17日の間、誤って請求していたという。誤請求の対象となったユーザーは300万人を超え、誤請求金額は約4033万円となった。

原因は登録作業ミスで、料金計算システムそのものの不具合ではないという。同社では、誤請求の対象となったユーザーに対して、7、8月分を12月度の請求から差し引くことによって返還するとしている。9月分についてはすでに返還済み。

(Security NEXT - 2004/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 94.0.4606.61」をリリース - 悪用コードが公開済み
複数小売事業者が利用するECシステムに不正アクセス - 個人情報約15万件に影響か
Google、「Chrome 94」をリリース - 19件のセキュリティ修正
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
ワクチン大規模接種案内メールを「CC」送信 - 恵那市
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
セキュリティがテーマのマンガをTwitterで配信 - JNSA
発表前に関連情報が流出したプレスリリースは871件 - PR TIMESが調査結果
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開