Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT西のアンケート結果に206回のアクセス

NTT西日本が実施したウェブ上のアンケート結果が、誰でもアクセスできる状態となっていた問題で、同社は、206回のアクセスがあったことを明らかにした。

データは、大阪府および和歌山県にてフレッツ・ADSL、およびBフレッツのモニターアンケートに回答した顧客6707人分。住所、氏名、年齢、性別、電話番号、メールアドレスなど個人情報が含まれていた。

同社の発表に寄れば、11月6日、および同月10日から12日の間に206回のアクセスがあったという。同社では顧客へ詫び状を送付、専門の問い合わせ窓口を設置した。

(Security NEXT - 2004/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII