Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、迷惑メール対策に関する意見を募集

総務省は、2004年10月7日から開催している「迷惑メールへの対応の在り方に関する研究会」の中間報告を公開し、現在意見を募集している。応募締め切りは12月10日17時必着。

同研究会では、迷惑メールの流通を抑制、防止するための対策について検討しおり、今回、「中間とりまとめ案」を作成した。

同案では、最近被害が増加している携帯電話のショートメッセージサービスによる広告宣伝メールについて特定電子メール法の対象に含めることや、事業用メールアドレス宛に送信するメールについても、法規制の対象に追加することなどが盛り込まれている。

(Security NEXT - 2004/11/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県