Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、10月のトップ10ウイルスを発表

ソフォスは、2004年10月におけるコンピュータウイルスの報告数をまとめ、「トップ10ウイルス」として発表した。

同発表によれば、報告されたウイルスの割合が最も高いのはNetsky-Pで35.2%、次いでZafi-Bの28.0%となっており、他を圧倒している。新しいウイルスは、Bagle-Zipが10位に入っているだけで、両ウイルスの優位性は変わらず、特にZafi-Bは6月の発生から9月までが1位と、5カ月連続で上位を独占している。

同社では、両ウイルスがすでに広い範囲で蔓延しているため、新しいウイルスが対抗できないのではないか、と分析している。3位以下は、Netsky-D(7.0%)、Netsky-Z(5.8%)、Bagle-AA(4.4%)となっている。

同社では、10月だけで1131の新規ウイルスを検知、駆除している。また同社の統計によれば、10月に使用されたメールのうち4.6%以上がウイルスメールだという。 以前と比較してみると、7月には9%以上がウイルスメールだったので、減少傾向にあることがわかる。

(Security NEXT - 2004/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性
北朝鮮グループ「Lazarus」が悪用する10種類のツール
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社