Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

シマンテック、不正アクセスを防止するアプライアンス製品を発表

シマンテックは、マルチギガビット対応の侵入防止機能や企業のセキュリティポリシーに応じて透過的に脅威をブロックするインライン配備機能を搭載した「Symantec Network Security 7100 シリーズを発表した。11 月中旬から下旬にかけて出荷開始となる見込み。

同製品は、インラインモード、パッシブモードいずれも配備可能で、ルーターあるいはスイッチのポートに接続して、トラフィックを監視できる。また、異常検知、脆弱性を狙った攻撃の遮断、シグネチャの照合、DoS攻撃およびポートスキャンの検知、IDS 回避攻撃検知などの複数の検知技術を組み合わせることで、さらに総合的なネットワーク保護機能を実現した。

(Security NEXT - 2004/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性