Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性関連情報に関する届出状況を公表

情報処理推進機構(IPA)とJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、2004年第3四半期の脆弱性関連情報届出状況をとりまとめた。

IPAでは、2004年7月8日より脆弱性関連情報の届け出の受け付けを開始し、JPCERT/CC は日本国内の製品開発者などの関連組織との調整を行った。

ソフトウエア製品の脆弱性については、19件の届出のうち、3件について製品開発者による対策が完了し、公表されました。このうちの1件は、JPCERT/CCが海外CSIRT と連携し、海外の製品開発者も含めて調整をしたもの。ウェブアプリケーションの脆弱性については、73件の届出のうち、10件について修正が完了しているという。

(Security NEXT - 2004/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出