Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSとトレンドマイクロ、中小企業対象のセキュリティ対策セミナーを開催

マイクロソフトとトレンドマイクロは、中堅、中小規模事業所を対象にしたセキュリティ対策セミナーを、10月20日より全国で開催する。受講料は無料。

同セミナーは、マイクロソフトが全国IT推進計画の一環として中堅、中小規模事業所向けに実施しているIT活用セミナー「IT実践塾」において、セキュリティ対策に焦点を絞って実施するもの。事業所の担当者に、基礎的なセキュリティに関する知識や、PC上での対策方法、企業内システムでのセキュリティ対策などについて説明する予定だという。

2004年10月20日から2005年6月末まで、月1回のペースで全国9都市、約1300名を対象に実施するほか、商工会議所、商工会、中小企業団体中央会、中小企業活性化センターなどと協力して、合計約200カ所以上、約5700名を対象に各地で実施する予定。

(Security NEXT - 2004/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性