Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国民生活センター、相談件数が多い架空請求者リストを更新

国民生活センターは、全国の消費生活センターから届け出が多かった架空請求業者30社を公開した。

1位は「シヨウヒシヤサイケンカンリセンター」で2700件弱の相談が寄せられている。続いて「オークラサイケンカイシユウキコウ」が1442件、「トウキヨウカンザイジムキヨク」が1292件となっている。

また、国民生活センターのホームページには、各県の消費者生活センターが公表した架空請求者リストへのリンクも用意されている。

(Security NEXT - 2004/10/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Hibernate ORM」に「SQLインジェクション」の脆弱性
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
「Firefox 83」公開、HTTPS限定モードを追加 - 脆弱性21件を修正
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
個人情報記載の乳がん検診受診票を誤送付 - 墨田区
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性