Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナログ文書からの情報漏洩を防止するキャビネット- コクヨ

コクヨは、アナログ文書管理ソフト「ファイリング・セキュリティ・キャビネット」を開発、2005年3月に発売すると発表した。

「ファイリング・セキュリティ・キャビネット」は、従来より使用しているオフィスの収納庫の中に設置でき、アナログ文書の文書管理を行うことができる。スタンドアロンで動作するため、パソコンは必要ない。

キャビネットの扉を開くには、IDカードによる個人認証と暗証番号の入力が必要。収納するファイルにはRFIDタグを付けた専用ファイルを利用しており、持ち出した記録を保存できる。さらに、通信用オプションによりパソコンに接続すれば、複数のユニットを統合管理することも可能。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 木工用工具通販サイト
2Qの「JVN iPedia」登録は2735件 - 前期の1.6倍に
15.7%が1つのパスワードを使い回し - 半数は「2〜4種類」
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
PEARライブラリ「Archive_Tar」に脆弱性 - 「Drupal」などにも影響
AkamaiのCDNで障害、ソフトウェア構成の更新が原因
オープンキャンパス参加者へメールを誤送信 - 福山市立大
食品表示制度改正説明会の案内メールで誤送信、メアドが流出 - 消費者庁
「Chrome 92」で35件のセキュリティ修正
「dアカウントがまもなく停止」 - NTTドコモ装うフィッシングに注意