Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アナログ文書からの情報漏洩を防止するキャビネット- コクヨ

コクヨは、アナログ文書管理ソフト「ファイリング・セキュリティ・キャビネット」を開発、2005年3月に発売すると発表した。

「ファイリング・セキュリティ・キャビネット」は、従来より使用しているオフィスの収納庫の中に設置でき、アナログ文書の文書管理を行うことができる。スタンドアロンで動作するため、パソコンは必要ない。

キャビネットの扉を開くには、IDカードによる個人認証と暗証番号の入力が必要。収納するファイルにはRFIDタグを付けた専用ファイルを利用しており、持ち出した記録を保存できる。さらに、通信用オプションによりパソコンに接続すれば、複数のユニットを統合管理することも可能。

(Security NEXT - 2004/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み