Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、企業セキュリティガバナンス研究会の議事要旨を公開

経済産業省は、9月1日に開催された「 第1回企業における情報セキュリティガバナンスのあり方に関する研究会」の議事要旨を公開した。

同研究会は、企業のセキュリティ関連役員や、研究者、弁護士など専門家によるもの。「情報セキュリティ対策の投資効果の算出は難しく、むしろ、情報セキュリティ対策については、企業の社会貢献であるCSR の一環としてとらえるべき」といった意見や「外部不経済が存在するのであれば、米国企業改革法にある内部統制の開示義務のような法的手段も検討の範囲に入れるべき」など積極的に議論が交わされた。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニッセン関連会社装うフィッシング - 「本人確認が済んでいない」と不安煽る
6月のDDoS攻撃、件数倍増 - 「Citrix ADC」からの反射型攻撃も
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
セクハラ行為と個人情報漏洩で職員を処分 - 香川県
「日本年金機構」を装うフィッシングに注意 - クレカ情報の入力促す
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響