Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘文AE」の新シリーズはPDCAサイクルに対応

日立ソフトウェアエンジニアリングは、「秘文Advanced Edition Ver.07」を発表、2004年11月より販売開始する。

現行の「秘文AEシリーズ」は、セキュリティの運用を重視していたのに対し、今回の製品では、ポリシー策定「Plan」、セキュリティの実行「Do」、セキュリティ対策状況の把握「Check」、セキュリティ対策の見直し「Action」といったマネジメントサイクルへ対応。各フェーズ向けコンポーネントを用意した。

ポリシー策定向け製品である「秘文AE Secure Inspector」では、社内のソフトウェア資産の状況を把握できる。また、違反端末への警告、強制排除などにも対応した。「秘文AE PortDiscovery」により、ハードウェア接続状況を確認できる。そのほか、ログの集中管理や、不正接続などを監視するコンポーネントなど、各フェーズで活用できる。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

再委託先でメール誤送信、CCに無関係のメアド - 東京都
同意得てない個人情報を別団体へ誤提供 - 奈良県市町村職員共済組合
小学校で個人情報含む郵便物の不着騒ぎ、開封形跡なし - 新潟県
欧米当局、ランサム「Hive」を解体 - 捜査官が攻撃インフラに侵入
12月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模も拡大 - IIJ調査
「JNSA賞」2名が受賞 - 3団体に特別賞
脆弱性DB「JVN iPedia」の4Q登録数 - 前四半期から減少
住基ネットの個人情報漏洩で職員を懲戒免職 - 杉並区
案内メールを「CC」送信、メアド流出 - 福島市スポーツ振興公社
調査受注者が貸与された個人情報含む資料を紛失 - 国交省