Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「秘文AE」の新シリーズはPDCAサイクルに対応

日立ソフトウェアエンジニアリングは、「秘文Advanced Edition Ver.07」を発表、2004年11月より販売開始する。

現行の「秘文AEシリーズ」は、セキュリティの運用を重視していたのに対し、今回の製品では、ポリシー策定「Plan」、セキュリティの実行「Do」、セキュリティ対策状況の把握「Check」、セキュリティ対策の見直し「Action」といったマネジメントサイクルへ対応。各フェーズ向けコンポーネントを用意した。

ポリシー策定向け製品である「秘文AE Secure Inspector」では、社内のソフトウェア資産の状況を把握できる。また、違反端末への警告、強制排除などにも対応した。「秘文AE PortDiscovery」により、ハードウェア接続状況を確認できる。そのほか、ログの集中管理や、不正接続などを監視するコンポーネントなど、各フェーズで活用できる。

(Security NEXT - 2004/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも