Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エイベックス、CCCDの採用方針を転換

エイベックスは、コピーコントロールCDの販売を弾力化すると発表した。今後は、商品ごとに採用、不採用を決定していくという。

同社は、2002年よりCCCDを採用してきたが、取り締まり強化などにより、ファイル交換ソフトを現在利用しているユーザー数は漸減傾向にあることや、ハードディスクタイプの携帯音楽プレイヤーの普及などに対応することを踏まえた措置だとしている。

CCCDは、規格外のCDであるため、一部プレイヤーでの再生が保証されておらず、また音が悪くなるといった指摘や、法律では許されている私的コピーが行えないなど、一部ファンから不満の声が挙がっていた。

(Security NEXT - 2004/09/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルマガに他人の氏名、送信データの編集ミスで - 日和ホテルズ&リゾーツ
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会
2020年3Qフィッシング、前四半期の約4分の3に - RSAまとめ
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
インフォサイエンスの複数ログ管理製品に脆弱性 - OSコマンド実行のおそれ
2020年2Qのフィッシング攻撃は3割減、国内ホストは32件 - RSA調査
12月のDDoS攻撃、前月比29件増 - IIJ調査
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
「sudo」に脆弱性「Baron Samedit」が判明 - root権限奪われるおそれ