Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出により架空請求被害が発生

山形県で架空請求による詐欺事件が発生した。流出した信販会社の個人情報が悪用されたとして山形県警では捜査を進めているという。

被害に遭った男性は、三洋信販の社員を名乗る男性から連絡があり、返済を要求された。被害者男性は、実際に融資を受けている金額が提示されたため、男の話を信じ、指定口座に金銭を振り込んだという。

三洋信販からは2004年1月に個人情報が流出し、問題となっていた。

(Security NEXT - 2004/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
2020年12月は個人情報関連の事務処理ミスが22件発生 - 横浜市
「Apache Tomcat」にソースコード漏洩のおそれ - 11月更新版で修正済み
セキュリティ人材育成や流動化で協業 - JTAG財団とJNSA
トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県