Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

診療報酬明細書が社保庁から漏洩 - 社保庁

社会保険庁は1日、政府管掌健康保険の診療報酬明細書(レセプト)の原稿3000枚が外部へ漏洩したと発表した。約9000分の個人情報が含まれていたという。

同レセプトの入力を担当した委託業者がテスト用データとして他社へ不正に提供、漏洩し、その後も研修などに用いられていたという。消費生活センターへの通報に明らかになったもので、本来データとして外部にでることがない病名といったセンシティブ情報も含まれていたという。

(Security NEXT - 2004/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正
再委託先における2023年2月のランサム被害を公表 - 国交省