Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性情報を管理するためのガイドライン

情報処理推進機構(IPA)、 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)、電子情報技術産業協会(JEITA)、情報サービス産業協会(JISA)、日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(JPSA)、日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、7月8日「情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドライン」を公表した。

同ガイドラインは、経済産業省告示「ソフトウエア等脆弱性関連情報取扱基準」が本年7月7日に制定され、IPA及びJPCERT/CCが本日から脆弱性関連情報の取扱い業務を開始することを受け、制作されたもの。

不正アクセス、コンピュータウイルスなどによる被害抑制を目的にしており、ソフトウエアやウェブアプリケーションにおける脆弱性関連情報について、関係業界に推奨する取り扱い方法が示されている。

(Security NEXT - 2004/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を