Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル交換ソフト利用者が減少 - ACCS調査

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)と日本レコード協会(RIAJ)は、2004年4月に実施した「ファイル交換ソフトの利用実態」の調査結果を発表した。

調査の結果に寄れば、ファイル交換ソフトを「現在利用」と回答した人は2.8%で、2003年の3.4%から減少している。また、「過去に利用」の経験があるとの回答は前回の3.0%から4.3%となった。ACCSでは、インターネット人口の推移を香料に入れると、やや減少傾向にあるとしている。

また、ファイル交換ソフト利用者が1年間に利用したコンテンツは平均137ファイルで、音楽、映像関連が80%以上だった。

(Security NEXT - 2004/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ