Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Web経由で感染するウイルスをシャットアウト「ProxyAV」

ブルーコートシステムズは、ウェブ経由のウイルスを遮断するアプライアンス「ProxyAVアプライアンス」を発表した。

従業員によるウェブベースの個人用電子メールの利用や、インターネットからのファイルダウンロードに起因するウイルス感染を防止できる。また、トロイの木馬やワーム、悪意あるHTTPコンテンツなどから防御することが可能。

ブルーコートシステムズでは、「ProxyAV」の特徴として高速動作を挙げており 、最大249Mbpsのスループットと 4 ミリ秒の平均レイテンシを実現しているという。

(Security NEXT - 2004/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
「Go」のWASMにバッファオーバーフローのおそれ
Apple、「macOS」や「iOS」の脆弱性を修正 - 詳細は近日公開
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ
サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース