Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

増加するネット上での金融取引 - 不安は個人情報の流出

インフォシークと三菱総合研究所は、「第3回ブロードバンド利用者調査」を実施し、インターネットによる金融取引に関する調査結果を発表した。

調査結果によれば、ネット利用者の約8割弱が金融取引を体験している。なかでも円預金は68.1%と高い割合を示した。クレジットカードによる取引は37.1%、株式取引は15.3%となっている(ただし、いずれも利用していないとの回答(24.5%)のうち、半数は10代によるもの)。

インターネット専業銀行を活用するという声も多く、インターネットによる利便性や金利、手数料といった回答が多かったが、一方、インターネットによる取引を避けるユーザーの回答では、「窓口やATMの方が信頼できる」との回答が5割強に上った。

インターネットを通じた金融取引に対する不安としては、「個人情報の流出」が最も高く、取引経験者であっても7割以上が不安に感じている。取引経験がないユーザーにおいては8割以上のユーザーが不安と答えている。

また、「第三者による悪用」や、「不正アクセスによる意図しない取引」「操作ミス」「第三者による改ざん」「システム障害」など、インターネットやコンピュータ特有の不安が浮き彫りとなった。

(Security NEXT - 2004/05/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
「VMware vRealize Business for Cloud」に深刻なRCE脆弱性
日産証券、情報流出を最優先で調査 - サービス再開時期は慎重に判断
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
新型コロナ自宅療養者の個人情報をFAX誤送信 - 世田谷保健所
若年選手育成選考会の関係者メアドが流出 - 群馬県スポーツ協会
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加