Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ヤフーBBの情報漏洩問題で被害者が提訴

ADSL接続サービス最大手、ヤフーBBの会員情報が流出した事件で、弁護士を含む利用者3人が17日、同サービスを運営するソフトバンクBBおよびヤフーに対し、損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。今回の訴訟で原告3名は、1人10万円の慰謝料支払いを求めている。

ヤフーBBの個人情報漏洩事件は460万名分の個人情報が流出したとされ、同事件に関わった代理店社長らが恐喝未遂で逮捕、起訴されている。ソフトバンクBBおよびヤフーの親会社であるソフトバンクでは、今回の流出事件のお詫びとして会員に500円相当の金券を送付していた。

今回の訴訟以外にも、集団訴訟へ参加を募るホームページが登場しており、今後の展開が注目される。

(Security NEXT - 2004/05/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」経由の不正引出、23件があらたに判明
8月修正「Windows Server」の脆弱性狙う悪用コードが公開 - 米政府警告
脆弱性「Zerologon」でドメイン管理者権限奪取のおそれ - 詳細明らかに
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響