Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2ちゃんねるに情報開示命令

インターネットの掲示板サイト「2ちゃんねる」に対し、プロバイダー責任法による発信者情報開示が求められた仮処分申し立てに対し、東京地裁は4月9日開示を命じる決定を下した。

「武富士疑惑」を報道したジャーナリストの山岡俊介氏らは、昨年同掲示板上に中傷する内容が書き込まれたのを受け、「IPアドレス」の開示を求める訴訟を起こしている。訴訟が滞り、情報が消失することをおそれ、3月に仮処分を申請していた。

(Security NEXT - 2004/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 国交省
約29万人に振込不能メールを誤送信、アクセスが集中 - 北國銀
「Feature Toggle」のJava実装「FF4j」に深刻な脆弱性
「Apache Fineract」にパストラバーサルの脆弱性
利用客の個人情報を第三者にメール誤送信 - 長良川鉄道