Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術

セキュアブレインは、オンラインバンキングのセキュリティ対策として導入されている外部サービスが、端末上で無効化されていないか、オンラインバンキング側で確認できる技術を開発したと発表した。

今回同社が発表した「PhishWall SACM(System Attack Countermeasure)」は、オンラインバンキングが導入しているセキュリティベンダーのクライアント向けセキュリティサービスが実行されたか確認できるトークン技術。

オンラインバンキングサイトへアクセスすると、クライアントから外部セキュリティベンダーのAPIを実行。その際に発行されるトークンをクライアント経由でオンラインバンキング側が受信、確認することで正常にセキュリティチェックなどが行われたか確認できるとしている。

同社では、同技術について特許を取得したとしており、「PhishWall」や「SecureBrain Scam Radar BD」などで活用していく予定。

(Security NEXT - 2020/06/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顔認証決済の自販機を実証実験 - ダイドードリンコ
日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立
端末状況を可視化する「コンプライアンス調査サービス」
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
テレワーク環境のセキュリティを診断するサービス - マクニカ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化