Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業

損害保険ジャパンと日立ソリューションズは、制御システムをはじめとするIoTのセキュリティ分野で協業すると発表した。

両社は、協業を通じてIoT機器におけるセキュリティリスクの評価を行い、リスクに応じた保険料となる保険サービスの開発を進める。新サービスについては2021年1月より販売を開始したい考え。

手はじめにプラントなどの施設におけるIoT機器の通信データをもとにしたセキュリティリスク診断の概念実証にあたり、6月26日から2020年12月末まで製造業、サービス業、医療機器の分野から10社の協力企業を募集。収集データを元にサービスの開発を進める。

協力企業に対しては、日立ソリューションズが無償でセキュリティリスクの診断レポートを提供するという。

(Security NEXT - 2020/06/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
ネット広告詐欺の損害を補償する保険
サイバー保険付帯の中小企業向けヘルプデスクサービス - NTTコム
AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
ラック、SOCサービスに保険付帯パッケージ - 調査費用や復旧費用をカバー
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
東京海上日動、中小企業向け包括保険でサイバーリスクに対応 - 申告書不要