Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店

磁石の製造、開発などを手がけるマグファインは、通信販売サイトが不正アクセスを受け、顧客のクレジットカード情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、2018年10月5日から同年11月8日にかけて「マグファインオンラインショップ」で入力された顧客のクレジットカード情報が流出し、不正利用された可能性があることが判明したもの。

同サイトで利用するEC-CUBEにおける脆弱性を突かれ、偽の決済画面へ誘導するよう改ざんされたという。

決済に利用された顧客のクレジットカード情報178件のほか、決済に至っていない顧客も、偽の決済画面に情報を入力した場合、被害にあった可能性がある。クレジットカードの番号、有効期限、セキュリティコードが含まれる。

2019年1月25日にクレジットカード会社から指摘があり、問題が発覚。外部事業者より、同年4月26日に調査が完了していた。同社は発表にあたり、調査や関係者との協議に時間を要したと説明。対象となる顧客には、2020年5月18日よりメールで事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出
事務用品通販サイトから個人情報流出 - 最大12万件に影響