Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

流木配布知らせるメールで送信ミス - 水資源機構

水資源機構は、会員に対してメールを送信する際にミスがあり、受信者のメールアドレスが流出したことを公表した。

貯水池に集積した流木の配布を希望する「神流湖流木クラブ」の登録会員に対して流木の配布を知らせるメールを送信したところミスがあったという。

202人のメールを5回にわけて送信したが、メールアドレスが表示される状態で送信。それぞれ40件前後のメールアドレスが受信者間に流出した。

今回の問題を受けて同機構では関係者に対し、謝罪のメールを送信。削除を依頼している。

(Security NEXT - 2020/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

体育施設開放の案内メールで送信ミス - 我孫子市
インターンシップ応募者の個人情報をメール誤送信 - 住友重機
PCR検査で受診者情報ファックスを誤送信 - 奈良の保健所
寄付者個人情報を誤ってファックス送信 - ふるさと納税受託業者
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
営業再開の案内メールで送信ミス - 静岡のリゾートホテル
顧客向けメールで「CC」利用するミス - ネクスト・モビリティ
戸塚区の施設でメール誤送信、団体のメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 名古屋のヨガスタジオ