Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DellのNAS向けOSに脆弱性 - クラスター制御失うおそれ

Dell EMCのネットワークストレージ製品向けオペレーティングシステム「Dell EMC Isilon OneFS」に深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。

「SyncIQ」による同期において暗号化していない場合、認証の不備があり、不正アクセスを受けてクラスターの制御を失うおそれがある脆弱性「CVE-2020-5328」が明らかとなったもの。

共通脆弱性評価システムである「CVSSv3.1」のスコアは「9.8」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社によると、脆弱性は「同8.2.2」までのバージョンに含まれるが、「同8.2.0」以降では「SyncIQ」の暗号化を有効化することで脆弱性の影響を回避できるという。あわせて「SyncIQ」の無効化といった回避策をアナウンスしている。

(Security NEXT - 2020/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
「iOS 13.6」「iPadOS 13.6」が公開 - 脆弱性29件を修正
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「Windows DNS Server」の脆弱性、ワーム転用のおそれ - 早急に対処を
「Apache Tomcat」にサービス拒否の脆弱性 - 7月初旬の更新で修正済み