Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

地域向け情報銀行サービスの実証を開始 - 中部電力

中部電力は、地域に向けた情報銀行サービス「MINLY」の実証実験を、3月上旬から愛知県豊田市で開始する。

同サービスは、豊田市の住民や同市の訪問者から同意を得たうえでパーソナルデータを受託、地域の活性化などに活用する情報銀行サービス。日本IT団体連盟から運営計画が開始可能な状態にあるとする「情報銀行 P認定」を取得している。

同サービスでは、年齢、性別や興味関心、行動履歴、予定などのパーソナルデータを受託。同市内の店舗など約50の事業者や約25の同市関連施設より買い物情報やクーポン、イベント情報などを提供する。

今後同社では、「情報銀行 通常認定」の取得に向けて実証をすすめ、コミュニティサポートインフラ事業のサービス向上を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報銀行認定で初の「通常認定」
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
「情報銀行への個人情報提供に抵抗感」4割超
国内初となる「情報銀行」の「P認定」 - 三井住友信託銀など2社
10社が参加、情報銀行の実証実験を開始
情報銀行向けプラットフォームで実証実験 - NTTデータ
中部電とDNP、「地域型情報銀行」の実証事業を開始
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP