Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初心者向けに脆弱性対策セミナーを開催 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、都内で「脆弱性対策の効果的な進め方」の初級者向けセミナーを3月10日に開催する。

同セミナーは、脆弱性を悪用するセキュリティインシデントを防止するため、効果的な対策について紹介する取り組み。日々収集した脆弱性関連情報から深刻度を評価する方法など、攻撃のデモやIPAの取り組みなど踏まえつつ紹介する。同機構では2019年3月18日にも同内容のセミナーを開催している。

いずれも経験年数が1年から2年の製品開発やシステム管理担当者、セキュリティ管理担当者を対象としている。会場は同機構で参加費は1000円。定員は40人で定員に達し次第、受け付けを終了する。

(Security NEXT - 2020/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンクがセキュ対策の無効化を検知できる技術
コンシューマー向けパスワード管理製品を発売 - カスペ
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
2018年度の国内セキュ市場、前年度比12.5%増 - JNSAまとめ
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
Palo Alto Networksの「PAN-OS」に認証回避の脆弱性 - VPNなども影響
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
緊急事態宣言後、テレワークで8割がVPN利用、半数以上で遅延