Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定

防衛情報を取り扱う神戸製鋼所とパスコが、2018年以前に不正アクセスを受けていたことがわかった。

両社において、社内ネットワークに接続された端末が不正アクセスを受けていたことが判明したもので、報告を受けた防衛省が明らかにした。

同省では、流出した可能性があるとされる情報に、同省が指定する秘密情報は含まれていないことを確認したという。

同省の発表を受けて神戸製鋼所は、2016年8月に不正アクセスの疑いがあることを認識し、さらに2017年6月にも不正アクセスを確認していたことを明らかにした。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
不正アクセスで個人情報流出か - 経団連事業サービス
2018年の通販サイト不正アクセスを公表 - 磁石専門店
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
NAS管理サービスのテストサーバに不正アクセス - アイ・オー・データ
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
会員情報約3万件が流出、ダークウェブで流通 - 山と溪谷社
不正アクセスで個人情報流出の可能性 - 統一教会関連出版社
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出