Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

神戸製鋼とパスコに不正アクセス - 防衛秘密への影響否定

防衛情報を取り扱う神戸製鋼所とパスコが、2018年以前に不正アクセスを受けていたことがわかった。

両社において、社内ネットワークに接続された端末が不正アクセスを受けていたことが判明したもので、報告を受けた防衛省が明らかにした。

同省では、流出した可能性があるとされる情報に、同省が指定する秘密情報は含まれていないことを確認したという。

同省の発表を受けて神戸製鋼所は、2016年8月に不正アクセスの疑いがあることを認識し、さらに2017年6月にも不正アクセスを確認していたことを明らかにした。

(Security NEXT - 2020/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
JR東日本「えきねっと」にPWリスト攻撃 - アプリ経由で
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出
カードゲーム通販サイトで情報流出 - 旧サーバに不正アクセスか
豚肉製品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ワイン通販サイト、クレカ情報流出の可能性
水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
防衛省「注意情報」が流出した可能性 - 三菱電機