Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メッセージアプリ「WhatsApp」に情報漏洩の脆弱性

Facebook傘下のWhatsAppが提供するメッセージアプリ「WhatsApp」に細工したメッセージでローカルファイルを読み取られるおそれがある脆弱性が明らかとなった。

同アプリにおいてクロスサイトスクリプティングが可能となる脆弱性「CVE-2019-18426」が1月21日に公表されたもの。

iPhone版とデスクトップ版を組み合わせて利用している場合に影響があり、細工されたメッセージのリンクをプレビューするとローカルファイルを読み取られるおそれがあるという。

共通脆弱性評価システムであるCVSSv3.1における基本スコアは「8.2」で、重要度は「高(High)」。同社は12月から1月にかけてデスクトップ版「同0.3.9309」とiPhone版「同2.20.10」をリリース。すでに脆弱性へ対処しているが、リリース時に脆弱性の修正については言及していなかった。

今回公表された脆弱性との関連性は不明だが、同脆弱性のアナウンスが行われた翌22日、国連人権理事会の特別報告者が、「WhatsApp」経由で送付されたメッセージを介してAmazonのCEOであるJeffery Bezos氏のiPhoneがマルウェアによって侵害されたとする発表を行っている。

(Security NEXT - 2020/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍
三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
Dell TechnologiesがRSAを投資ファンドなどへ売却
マルウェア「LODEINFO」を検知 - JPCERT/CCが解析情報を公開
TMI P&S、セキュリティ対応サービスで2社と協業
ウェブルート、川柳コンテストの入賞作品を発表
SSL可視化製品の市場規模は8.1億円 - 前年度比26.6%増
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開