Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市

岡山県備前市は、個人情報が記載された統計調査の対象候補一覧表を、調査員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、「2020年農林業センサス」における調査対象候補の一覧表と調査区の地図を、非常勤の職員が紛失したもの。所在不明となっている一覧表には、調査候補27人分の氏名と住所、電話番号などが記載されていた。

調査員が1月22日15時半ごろ調査活動を終え、帰宅して調査書類の整理をしたところ、調査対象候補の一覧表と調査区の地図が見当たらないことに気が付いた。

同市の職員とともに自宅や担当地区を捜索したが見つからず、警察へ届けた。対象者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

水産加工品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
保育園向け連絡帳アプリで情報流出 - テスト環境への不正アクセス
持ち出し個人情報で選挙活動、元職員市議を告発 - 平塚市
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
「Emotet」に感染、メール情報が流出 - 川本製作所
マルウェア感染でなりすましメールが送信 - 広告代理店
統計調査の対象候補者名簿を紛失 - 山梨県
紛失した調査関係書類を発見、回収 - 千葉県