Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農林業センサスの関係書類を紛失 - 備前市

岡山県備前市は、個人情報が記載された統計調査の対象候補一覧表を、調査員が紛失したことを明らかにした。

同市によれば、「2020年農林業センサス」における調査対象候補の一覧表と調査区の地図を、非常勤の職員が紛失したもの。所在不明となっている一覧表には、調査候補27人分の氏名と住所、電話番号などが記載されていた。

調査員が1月22日15時半ごろ調査活動を終え、帰宅して調査書類の整理をしたところ、調査対象候補の一覧表と調査区の地図が見当たらないことに気が付いた。

同市の職員とともに自宅や担当地区を捜索したが見つからず、警察へ届けた。対象者に事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2020/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先情報が流出、開発プラットフォームの設定ミスで - 道新SC
委託先従業員がシステムを不正閲覧、個人情報を漏洩 - 神戸市
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
まつ毛エクステ通販サイトに不正アクセス - 決済画面が改ざん
顧客情報を漏洩した元職員が逮捕 - 百十四銀
販売サイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 鎌田醤油
統計調査の対象候補者の名簿を紛失 - 中津川市
休眠口座の印鑑届が所在不明に - 浜松いわた信金
「Emotet」に感染、メアド流出の可能性 - 関電グループ会社
業務用タピオカの通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出