Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Samba」に3件の脆弱性、アップデートがリリース

「Samba」の開発チームは、3件の脆弱性へ対処したアップデートや修正パッチをリリースした。

「CVE-2019-14907」は特定のログレベルにおいて、ログ出力における文字列の処理に脆弱性が明らかとなったもの。サービス拒否が生じるおそれがあり、共通脆弱性評価システムであるCVSSv3における基本スコアは「6.5」とレーテイングされている。

またDNSレコードの処理に解放したメモリを読み取られるおそれがある「Use After Free」の脆弱性「CVE-2019-19344」が判明した。CVSSv3の基本スコアは同じく「6.5」としている。

さらにACLの同期処理が正しく行われないおそれがある「CVE-2019-14902」が判明した。CVSSv3における基本スコアは「5.4」。

開発チームでは、「同4.11.5」「同4.10.12」「同4.9.18」をリリースしたほか、「同4.11.4」「同4.10.11」「同4.9.17」向けに修正パッチを用意。利用者へ対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機の一部制御システム製品に「URGENT/11」の脆弱性
複数の脆弱性に対処した「PHP」のアップデートが公開
「Adobe Media Encoder」などに深刻な脆弱性 - 定例外で更新
NEC製の一部ルータにroot権限でコマンド実行されるおそれ
VMwareの「vRealize Operations for Horizon Adapter」に深刻な脆弱性
ABBの発電所向け資産管理製品に脆弱性
WPプラグイン「Easy Property Listings」にCSRF脆弱性
「Adobe Framemaker」に深刻な脆弱性 - 適用優先度は低設定
Lenovo製インフラ管理ソフトに情報漏洩のおそれ
ウェブアプリフレームワーク「Django」に深刻な脆弱性