Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 総研大

総合研究大学院大学は、研究関係者の個人情報を含む学生のパソコンが海外で車上荒らしに遭い、盗まれたことを公表した。

同大によれば、現地時間11月24日に学生が研究会で訪れた米ハワイ州において、車中に置いていた鞄からパソコンを持ち去られたという。被害に遭った端末には、研究関係者の氏名や電話番号、メールアドレスなどが保存されていた。

同端末にはパスワードが設定されていたものの、脆弱な内容で、内蔵されたハードディスクについても暗号化が行われていなかったという。

現地の警察に届け出たが、発見されていない。同大では、パソコンに個人情報が含まれる関係者に対し、説明と謝罪を行ったとしている。

(Security NEXT - 2019/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
従業員PCがマルウェア「Emotet」に感染 - 関西電力
PCから顧客情報流出の可能性 - 分析装置製造会社
関空免税店サイトで不具合 - 他顧客情報が閲覧可能に
NTT西で「Emotet」感染、なりすましメールが送信
HDD破壊後に台数確認なく、異常気付かず - ブロードリンク
あらたに2医療機関の情報持出を公表、あわせて約1700人分に - インテック
委託元の2病院から従業員が患者情報を持ち出し - インテック