Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性

サイトビジットが運営するオウンドメディア「資格スクエアマガジン」で利用するデータベースが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、データベースが海外から不正アクセスを受けたもの。不正に書き換えられ、復旧するために仮想通貨を特定のアドレスに送信するよう要求するメッセージがのこされていた。

11月6日にデータベースへアクセスできない状態となっていることを検知。原因を調査したところ問題が判明。ポーランドや中国を発信元とするアクセスだったという。

同データベースには、2013年10月8日から2015年1月9日までに同社サービス「資格スクエア」に登録した顧客の個人情報が保管されており、今回の不正アクセスで流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2019/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Citrix ADC」狙う悪用コード出回る - ゼロデイ攻撃に注意
MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
米国家安全保障局、Windowsの脆弱性に警鐘 - 情報漏洩やファイル偽装のおそれ
「Adobe Illustrator CC」に複数の深刻な脆弱性
氏名と住所が一致しないアンケートを誤送付 - 大阪市
ハードオフ通販サイトにパスワードリスト攻撃
「宅ふぁいる便」が終了 - 「オフィス宅ふぁいる便」は継続
不正ログイン被害、あらたに53件が判明 - 東北電力