Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資格情報サイトの顧客DBにランサム攻撃 - 情報流出の可能性

サイトビジットが運営するオウンドメディア「資格スクエアマガジン」で利用するデータベースが不正アクセスを受け、顧客情報が流出した可能性があることがわかった。

同社によれば、データベースが海外から不正アクセスを受けたもの。不正に書き換えられ、復旧するために仮想通貨を特定のアドレスに送信するよう要求するメッセージがのこされていた。

11月6日にデータベースへアクセスできない状態となっていることを検知。原因を調査したところ問題が判明。ポーランドや中国を発信元とするアクセスだったという。

同データベースには、2013年10月8日から2015年1月9日までに同社サービス「資格スクエア」に登録した顧客の個人情報が保管されており、今回の不正アクセスで流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2019/12/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究